私はドライブが大好きなのです

2016-10-07_165639

私は昔からドライブするのが大好きで、よく1人で愛車のゼストで遠い海までドライブしていました。ドライブは嫌なことを忘れさせてくれるし、無心になり楽しめるので大好きでした。

今は結婚して子供がいるのですが、家族4人でよくドライブしています。旦那はウィッシュに乗っていて、家族4人でも楽々乗れるし、広々しているのでかなりくつろげます。荷物もたくさん乗せられるし最高です。家族でドライブするとき、たまに車で寝たりするのですが、シートをフラットにして寝ています。でも子供がすこし大きくなってきたので今はあまり出来てきません。

なので私は欲しい車があります。それはハイエースです。

旦那もかなり前からハイエースが欲しいと言っています。ハイエースなら今の車よりももっと楽々乗れるし、天井も高いので、子供も乗りやすいと思います。それに先ほども申したように車で寝泊まりできるのはハイエースが1番広くて寝やすいと思うので、それをしたくて私たち夫婦はハイエースが欲しいと思っています。

ハイエースに乗り換えたらもっとドライブが好きになると思います。かなりくつろげるので遠いところまでいっても、全然疲れないし、いつまでも乗っていたいと思うでしょう。

しかし、ハイエースは値段が高く中々手が出ません。税金も高くなるし、車検も高いのでお金が貯まるまでは買えません。ハイエースがなくても、今乗っているウィッシュもかなりお気に入りなのでこのままでも良いかなと思っています。

結婚したときに旦那が買った車なので、思い出のたくさん詰まっている車です。乗り換えるとなったらそれはそらで悲しいと思うので、このまま乗り続けてもっと思い出を作っていけたらと思っています。

女性ドライバー必見 車線変更のコツを上手にするには

2016-10-23_160336

男性と比較すると女性は自動車の運転が苦手な人が多いようです。ドライビング全般が苦手なようですが、今回は1例として車線変更について解説します。

 

車線変更で回りに迷惑をかける

女性ドライバーは車線変更を苦手にしている人が多いですが、車線変更を嫌がる事自体は正しい事です。車をあちこち移動していては他の車に迷惑になりますし、つまらない事故に発展するケースもあります。それでも時には車線変更しないといけない時はあります。ではどのようにするとスムーズにいくのでしょうか。

 

車線を変えるときの心構え

車線変更のコツとしては少しスピードを上げながら、車線を移るという事です。変更する側は斜めに進むのですから、走る距離が長くなります。その分少し速めに走る事で変更をスムーズにできます。

また加速している事により、迫ってくる車が追いつくまでの時間を稼げます。加速して車線を変更する時には、自分の車線の前が空いているどうかを確認します。もしも空いていないなら少しアクセルを緩めて、自分の車と前の車との距離を広げます。その広がった距離を利用して加速すればいいのです。加速をしておけば後方の車が追いついてくるには時間がかかりますから、その間に余裕をもってハンドル操作をする事ができます。

女性ドライバーの場合には車線変更が怖い事もあり、早く終わらせようと一気にハンドルを操作する人がいます。でもこれはすごく危険行動です。それに周りの車も驚きます。なるべくゆっくりとハンドル操作をする事が車線変更では大事なのです。

 

安全な車線変更の手順

手順としてはまずは前の車との距離を確認します。次にウィンカーを出してバックミラーと目視で斜め後方の安全確認をします。その後に少し加速してゆっくりとハンドルの操作をします。この流れで車線変更してみましょう。

女性は男性よりも運転を苦手としている人が多いです。車が誕生してだいぶたつのに不思議な事ですね。いずれも正しい車線変更の仕方を覚えて実際の運転の中で身につけていきましょう。

最新情報更新中⇒BMW X5の買取相場

燃費だけじゃない楽しく遊べる車スズキジムニー

今もいろんな新車がでて来てますけども何か物足りない気がします。人それぞれ価値観が違います、また世の中の流れもありますので時代背景に合った車が発売されます。でも車は単なる移動手段ではなく遊び心が必要なのです、それを叶えてくれるのがスズキのジムニーです。

現行ジムニーは660ccだけでなく1300ccも存在します。どちらも良さがありますけどやはりジムニーと言えば660ccです。

良さと言えばやはり信頼のオフロード走行機能です、何も改造してなくても多少の悪路ならば簡単に走り抜ける事ができます、また本格的なオフロードを走りたいのであれば関連部品は大量に出回っているのでいくらでも自分好みに改造を施しオフロードを楽しむ事ができます。

最新のジムニーでは内装もかなり良くなってます、ジムニーは視界が広くとれるので見えずらいというストレスは少ないです。また2WDと4WDの切り替えも止まらずにスイッチ一つでできますこれはとても便利です、中には昔のように止まってレバーで切り替えるパートタイム方式が好きな方もいますけど、やはり新しい機能は良い機能です。

昔と変わらないのがジムニー伝統のラダーフレームです、このフレームとリジットサスペンションにより高い悪路走破性を実現しています。

悪路走破に重要要素の一つとして最低地上高があります、ジムニーは200㎜の高さが確保されているので多少の段差ならばものともせずに超えてゆく事ができますので車をこすってしまう心配が軽減されます。

軽自動車なので当然コンパクトです、狭い道を通らなければならない方にとっても安心できる要素の一つではないでしょうか。

現行の新車はどうしても楽しさという要素が削られてしまっています、エコロジーで安全が大切なのは当然わかります、その中でジムニーは気軽にも本格的にも遊べる今では珍しい車だと思います。遊びを思いっきり楽しめる車としておすすめです。

ホンダ ラグレイトの良かった点、悪かった点

2016-10-03_171101

私は数年前にホンダのラグレイトという車を購入しました。当時では絶版の車でかなり年式も古かったのですが車のサイズや見た目に気に入り、思いきって買いました。ホンダの逆輸入車だったらしくアメリカホンダとかいうメーカーだったと思います。

全長5メートルオーバー、幅は2メートル近くフルサイズすぎてコインパーキングや立体駐車場なんかに車を止めるときは苦労しました。となりの車にはこすられたり、前が長いのでぶつかりそうになったりと都内で走るには不向きでした。

いい所と言えば車内の広さ。国産には真似できない広大な車内で、本革だったので運転席に乗ったときのゆったり感や優雅な感じは今も覚えています。フルフラットにはならなかったものの、サードシートを畳み、セカンドシートを外せばそこにはもうワンルームの用なスペースが生まれます。こいつには感謝しました。

良かったとこはこれくらいですかね!

重さも確か2トンぐらいあったのでアクセルが重いのなんのって。燃費もリッター6キロくらいでした。買った時はエアロやらアルミホイールを着けたりで100万円は越えたんですが、何年か乗って売却しようとしたら5万円くらいにしかならずにショックすぎました!絶版車と逆輸入ってあたりでこれくらいになってしまうんですかね?もう買うことはないと思います。

でもやはり大きい車が好きなので、リセールバリューの良いアルファードやらヴぇルファイア、ランドクルーザー辺りが狙い目かもしれないです!トヨタ車がやっぱり信頼出来るんですかね。周りの方に聞いてもそのような話はよく聞きます。

みなさんも車を買われるときは出口戦略も大事ではないでしょうか!
(乗り潰す方には関係ありませんが)

86とロードスター 選ぶならどっち?

2016-09-20_1645462016-09-20_164536

トヨタ86とマツダロードスター(ND)。

FR形式の国産スポーツカーが激減した現在において、この2台は魅力的なライトウェイトスポーツカーです。どちらもスポーツモデルとして一級の実力と魅力を秘めています。

まず運転していて楽しいということ。またスポーツドライブ入門者が腕を磨くのにも最適です。

ロードスターは完全な2シーターということで、日常のシーンでは使いにくいところも多々あります。ですが、オーナーの満足度はすこぶる高く、現状では街中での目立ち度も群を抜いています。オープンカーならではの不便さはあるものの、4代目は幌の開閉も極めて楽です。

86(スバルではBRZ)も意のままに気持ちのいい走りが味わえるクルマに仕上がっています。また実用性が高いのも魅力で、ファミリーカーとして使える可能性も残しています。ただし、やはり特別な優越感が強いのはロードスターの方でしょう。

ハンドリングはどちらも軽快です。特にロードスターは、先代よりもダウンサイジングし軽量設計としたことがキレのいい走りに直結しています。ですが、標準仕様のSグレードは多少過剰演出と感じる場面もあるのは否めません。素直な挙動が印象的なのはSスペシャルパッケージの方です。

86/BRZも一体感のある刺激的な走りを堪能できる一台ながら、振り回す楽しさはロードスターには及びません。

NBロードスターの思い出

不便なエリアに住んでいるため、車は一人一台必要です。コストを考えて軽自動車に乗っている人が多いです。

今まで外車や日本車、色々な車に乗ってきましたが、印象に残っている車はマツダのロードスターです。免許取り立てで購入したため、初めは教習所の車との違いに戸惑いました。車高が低く、レーシングカーのような運転席で、前の車との距離感がつかみにくかったのが印象に残っています。

ロードスターには10年近く乗りましたが、その間ほとんど故障することはありませんでした。よく、トヨタは壊れにくいといわれていますが、マツダもなるほど壊れにくいのがわかりました。

ロードスターは世界中で非常に人気が高い車ですので、改造用のパーツが多く出回っています。私のロードスターもタイヤやホイール、ミラーなど様々な部分にこだわりの部品を入れました。愛好家が集まる軽井沢ミーティングという会合があったので、数年間毎年行きましたが、皆こだわりの一台に仕上がっていて感心しました。

2016-09-20_164217

ロードスターは初代から数えて何度かモデルチェンジをしていますが、どのモデルにもそれぞれ魅力があります。私が乗っていたのはNBというタイプですが、それより前のNAモデルもクラシックなデザインが目を引きます。

小さくてもスポーツカーですので、走る、止まるといった基本性能が非常にきちんとしています。免許取り立ての人はこの車に乗れば、車の動きを勉強することができるのでは、と思うほど他の車とは動きが違います。

2人しか乗れない割に、しっかり税金は取られますのでぜいたく品だと思いますが、乗った人にしかわからない価値があると思います。もう手放してしまいましたが、いつかまた運転してみたい車です。

オートマチック車よりもマニュアル車が好きです

私はニューヨークに長年住んでいましたので、ニューヨークで運転することが多かったのです。アキュラという車に乗っていました。色は赤でマニュアル車でした。

アメリカでレンタカーを借りると、ほとんどオートマチック車でマニュアルミッションのクルマは用意されていません。私は車を運転するのはMT車が魅力的だと思うのです。クラッチを踏むのが楽しいですし、シフトアップしたりシフトダウンしたりする動作が好きです。

2016-09-20_163716

ただ、坂道発進をするときにはAT車の方が便利だな、と思います。マニュアル車だとサイドブレーキを使って発進せねばなりませんから、ちょっと注意が必要です。

アキュラは日本のホンダの車で、ルーフトップが開くようになっていて、マンハッタンを走っていると、天井から摩天楼が見えてとても素敵でした。でも、ニューヨークでは車上狙いが多いので、ステレオは取り外しができるようにしていて、駐車するときにはステレオを引き抜いて持って降ります。そうしないと、窓ガラスを割られてステレオを盗まれてしまうのです。

ニューヨークでは路上駐車が当たり前で道の両側に駐車します。狭いスペースに駐車するには運転が上手くなければなりません。縦列駐車をすることがとても多いのがこの街の特徴です。ほとんどの車がオートマチック車のなかで、マニュアル車に乗るのはちょっとした優越感があって素敵です。車を運転しているぞ、というような感じがするからです。

うちのマーチ買い替え時?

2016-09-20_163531

うちが今乗っている車は、日産のマーチなんですが、家族四人(大人2、子供2)なので、遠出したり、多めに買い物したりしちゃうと結構窮屈なんです。子どもが小さいうちは、まだ余裕があったんですが、今は上の子が5歳、下が3歳になり、車中でじっとしていられず目的地に到着するまでに、既に疲れてしまいます。普段は、私が買い物に行く時に使ったり、息子の幼稚園の送り迎えに使う位なのです。

マーチは運転しやすいし私にはで充分なのですが、これから子供たちが成長するにつれ、もう少し大き目の車にした方がいいのかなと思い始めました。主人もそろそろ少し大きい車に買い替えた方がいいのかなと言ってるんですが、大きい車にするとなると、その分ガソリン代だったり税金だったり増えちゃいますよね?

主人の理想というか、次に乗りたい車がボクシーみたいで、私は車にはあまり詳しくないのですが、実際カタログでボクシーを見た時に、かっこいい!!と思いました。たしかCMでも有名俳優さんが乗っていて、本当にかっこ良かったです。

今乗っている、マーチは中古で買いもう5年位乗ってるし、メーターも8万㎞位です。それに加え、子供たちがかなり汚してしまったので、おそらく下取りに出してもいくらにもならいんですよね。少しでも高く下取りしてくれる所をみつけて、新しい車に買い替えたいと思います。

ともあれ、私は運転が得意な方では無いので、まずもっと自分の運転技術を上達させて、自動車事故なんて起こさない確実な自信がもてるよう、安全運転に心がけて行きたいと思います。